GREENMAX(グリーンマックス)鉄道模型メーカーのご紹介 |鉄道模型 通販

セールEVENT
 

GREENMAX(グリーンマックス)鉄道模型メーカーのご紹介

2022年03月17日

GREENMAX

日本の鉄道模型メーカーの一つであるグリーンマックス

50年以上前にグリーンマックスの前身ができてから今日に至るまで鉄道模型業界を支えてきた重要なメーカーの一つです。

>>GREENMAXの商品一覧はこちら

グリーンマックスが歩んできた歴史

GREENMAXの歴史

東京都に本社を置くグリーンマックスは、もともと創業者の親族の事業の傍らではじめられた小さな模型小売店でした。

当時は「創る楽しみいっぱい!」をキャッチフレーズに掲げ、Nゲージを主体とした様々な模型キットを発売していました。

店名も初期は「ホビーショップ・マックス」だったものが、現在の「グリーンマックス」に改名され商標登録されたものになっています。

ファンからは「グリマ」や「GM」と略して呼ばれているのをよく見聞きします。

これまでに鉄道模型事業以外にも、プラモデル事業に参入したり、直営小売店で販路を拡大していたこともありました。

今では直営小売店は閉鎖し、展開していたフランチャイズをまとめてグリーンマックス・ザ・ストアとして日本の主要都市に販売店を展開しています。

ファンからすると店舗で直接手に取って見ることができる販路がある点は評価が高いポイントだと言えるでしょう。

グリーンマックスの他と違う大きな特徴

GREENMAXの特徴

鉄道愛好家であればよく知られているグリーンマックスの特徴といえば、あまり出ないような珍しい車両を模型にして販売している点です。

大手メーカーでは製品化されないマイナーな車両も模型化してくれるので、ニッチな層には大変貴重なメーカーなのです。

特にローカルすぎる車両はなかなか大手メーカーでは手に入らないことも多いので、有名どころを外した車両が好きな人にはありがたい供給源となってくれます。

また、グリーンマックスが創設された当時はユーザーに作って楽しんでもらうことを全面に推しており、模型キットを主体に事業を展開していました。

しかし近年では少しずつ傾向が変わってきており、塗装済みののキットや形成済みキット、完成品が主流になりつつあります。

どうやらTOMIXと昔から仲がいいらしく、ストラクチャーがTOMIX規格に対応しているなどはそういった背景があるからとの説があります。

ファンからのグリーンマックスの評判

GREENMAXの評判

高品質でリーズナブルな価格を追求する大手に比べるとグリーンマックスの製品は高いとの声をちょくちょく見かけます。

価格に関してはいろいろな要因がありますが、数が出ない車両を少ないロット数で製造するためどうしても大手に比べると高くなってしまう側面があるようです。

とはいえ、グリーンマックスの根強いファンは昔から存在し、人気商品が再生産となったときにはすぐさま売り切れるようなケースも多々あります。

近年では同業者であるマイクロエースの完成品に押され気味との見方もありますが、依然としてディテールの少ないグリーンマックス製品を好んで愛好するコアなファンはいるため、業界を支える存在であり続けることは間違いないでしょう。

ニッチな需要を埋めてくれる貴重なメーカー、グリーンマックス。

欲しい模型が見つからないときには必ず覗いておきたいメーカーです。


>>GREENMAXの商品一覧はこちら

 

鉄道模型 特集・基礎知識