【KATO】 鉄道模型レイアウトにターンテーブルを設置してみよう | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > 鉄道模型レイアウトにターンテーブルを設置してみよう
 

【KATO】 鉄道模型レイアウトにターンテーブルを設置してみよう

2014年11月10日

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

蒸気機関車の終点などの機関庫には車両の向きを自由に変えるためのターンテーブルが使用されています。
鉄道模型のジオラマやレイアウトにもきちんと動かせるターンテーブルがあったら・・・とてもロマンがありますよね。
実はターンテーブルをお手軽に再現できる製品がTOMIX、KATOから出ています。

この記事ではKATOのターンテーブルをご紹介します。
長らくターンテーブルや扇形機関庫の発売がなかったKATOですが、時間がかかっただけあって非常に使いやすく、レイアウトにも組み込みやすい仕上がりとなっています。
扇形機関庫も合わせてご紹介しますので、ぜひご覧くださいませ。
ターンテーブルを導入することで一つのレイアウトで使用できる車両を増やしたり、見た目にもインパクトのあるレイアウトを構築できますよ。

今回ターンテーブル設置に使用するもの

電動ターンテーブル 扇形機関庫 パワーパックスタンダードS
電動ターンテーブル

今回使用するKATO製の電動ターンテーブルです。隣接線路(直線)が付属しています。
■メーカー:KATO
■品番:20-283
扇形機関庫

ターンテーブルと相性の良い扇形機関庫。3つの収納庫がついており、レールも付属しています。
■メーカー:KATO
■品番:23-240
パワーパックスタンダードS

ターンテーブルにはパワーユニットは付属していませんので、必ずKATOのパワーパックも購入しましょう。
■メーカー:KATO
■品番:22-012

電動ターンテーブルを取り出す

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

まずは電動ターンテーブルを取り出してみましょう。
中にはターンテーブル本体、コントローラー、ターンテーブル用直線線路が4本、各種ジョイナーなどが入っています。

線路の準備

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

まずは外周線路に隣接線路を取り付けるための準備です。
外周線路にはジョイナーが何も付いていない状態ですので、 ターンテーブルに付属している片ジョイナーか、絶縁ジョイナーをご使用ください。
エンドレスレールのレイアウトにターンテーブルを組み込む場合はターンテーブル側と本線側の間に絶縁ジョイナーをご使用ください。
ここでは隣接線路を取り付ける真ん中の線路には片ジョイナー、左右の線路には絶縁ジョイナーを取り付けています。

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

付属の直線線路を4本接続しました。
別売りのターンテーブル拡張線路セット(直線または曲線)を使用することで外周線路を1周作ることが可能です。
次に3本の直線線路の先に扇形機関庫を取り付けてみましょう。

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

KATOの扇形機関庫はTOMIXと違い、直線レールが付属していますので、そのままターンテーブルに接続させることができます。
TOMIXの場合は扇形機関庫に合う直線レールが売り切れですと組み込めなくなりますからその点KATOは非常に便利ですね。
上の写真は扇形機関庫の建物部分だけを取り外した状態です。簡単に取り外すことができます。

電気配線を行う

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

扇形機関庫を取り出し、準備が整ったらターンテーブルの電気配線を行いましょう。
ターンテーブルの逆転レバーはOFFに、旋回方向レバーはSTOPに位置していることを確認してください。
次にJUMPコードの緑色コネクターはターンテーブルのコントローラー、に白色コネクターはパワーパック(別売り)に繋ぎます。

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

続いてコントローラー接続用コードをターンテーブルの裏側に付いているフラットケーブルに繋ぎ、最後に電源アダプターをコンセントに接続してください。

車両を転回させてみよう!

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

電気配線を終えたらいよいよターンテーブルを使用してみます。
まずは操作室(四角い建物)が進入側に位置していることを確認し、パワーパックの逆転レバーは「前進」に、ターンテーブルコントローラーの逆転レバーは上側にセットして、パワーパックとターンテーブルの電気極性を揃えます。
パワーパックを操作し、車両を主桁に移動させます。

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

車両を主桁に停止させたらターンテーブルコントローラーの逆転レバーを「OFF」にセットしてください。
次はいよいよターンテーブルを回転させます。
回転前には車両が主桁からはみ出したりしていないか、十分ご確認ください。
はみ出したまま回転させると故障の原因になることがあります。

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

主桁に車両がきちんと載っていることを確認したらターンテーブルコントローラーの旋回方向レバーを押して主桁を回転させます。
左回りは左側にスイッチを、右回りは右側にスイッチを倒します。
回転を止める際にはターンテーブルが自動で停止位置を調整してくれますので、止めたい部分の少し手前で旋回方向レバーを「STOP」に戻しましょう。

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

回転が停止したら操作室が進出側にないことを確認します。
ターンテーブルコントローラーの逆転レバーを「STOP」から上側に倒し、パワーパックを操作して車両を主桁から走行させましょう。

扇形機関庫への収容も簡単!

Nゲージ レイアウト ターンテーブル

KATOの扇形機関庫への収容も簡単に行うことができます。
転車台のレールと直線になっていない機関庫からのレールには電流が流れませんので他の車輌が動いてしまう心配もありません。

実際に使用している動画

 

今回使用した製品

電動ターンテーブル 扇形機関庫 パワーパックスタンダードS
電動ターンテーブル

今回使用するKATO製の電動ターンテーブルです。隣接線路(直線)が付属しています。
■メーカー:KATO
■品番:20-283
扇形機関庫

ターンテーブルと相性の良い扇形機関庫。3つの収納庫がついており、レールも付属しています。
■メーカー:KATO
■品番:23-240
パワーパックスタンダードS

ターンテーブルにはパワーユニットは付属していませんので、必ずKATOのパワーパックも購入しましょう。
■メーカー:KATO
■品番:22-012
 

鉄道模型 特集・基礎知識