小田急2200(2220)形 2両編成セット | グリーンマックス Nゲージ

セールEVENT

小田急2200(2220)形 2両編成セット

品番:448 定価:¥3,300 税込価格:¥2,805 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 28pt 在庫:2(3以上は取り寄せ)
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

448【448】小田急2200(2220)形 2両編成セット
在庫数:2  (3以上は取り寄せ) ポイント還元:28Pt
¥2,80515%OFF

商品説明

メーカーグリーンマックス
スケールNゲージ
備考※写真は製品を組み立て後、塗装を施したものです。
動力なし
未塗装エコノミーキット
前面や客ドアを選択できるよう2種類の前面パーツと、3種類の客ドアを収録
FS316台車を新規設定。
小田急2200形2両編成1本 または 小田急2220形2両編成1本 が作成できます。
キットは板状の未塗装エコノミーキットです。台車 パンタ 動力ユニットは別売り。
コアレスモーター動力ユニット取付アダプタ1組付属。
動力台車枠(FS316)と動力車用床下機器は1両分付属。
複数セットを組み合わせて、実車通りの編成を再現できます。
社紋、「OER」マークは車両マーク(インレタ)として製品に付属。
台車はFS316台車を別売にて新規設定。
商品説明小田急2200形は1954年に小田急の一般営業車両として、初めてカルダン駆動方式を採用した車両で2両編成で登場しました。
初期に製造された車両は前面が2枚窓の非貫通型で登場しましたが、1958年に増備された4両固定編成の2220形から前面が貫通型の前面に変更されました。
その後に2200形として増備された2両編成も貫通型の前面となっています。
その後、2220形は中間車の先頭車化改造が施され、2両編成となりました。
塗色は1969年まではブルーに窓回りがイエロー、1969年以降はアイボリーにブルーの小田急通勤車標準色となりました。
小田急線では1984年まで活躍したほか、富士急行、新潟交通、伊予鉄道(台車のみ)に譲渡されました。
また、現在もデハ2201形が喜多見検車区にて保存されています。
別売りオプションパーツ台車 FS316
コアレスモーター動力ユニット(17m級)

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています