ジオラマ、レイアウトに簡単に設置できるトンネル | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > ジオラマ、レイアウトに簡単に設置できるトンネル
 

ジオラマ、レイアウトに簡単に設置できるトンネル

2014年08月19日

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

Nゲージの鉄道模型レイアウトやジオラマにトンネルを作りたいという方は多いかと思います。
通常はトンネルの入り口と出口部分のトンネルポータルと呼ばれる商品を使用し、山や木々は自作するという方法で作られます。
しかし、紙粘土やプラスター、発泡スチロールを使用してトンネルの山部分を作るのはちょっと難しい・・・と、トンネルの設置を諦めている方にオススメの商品があります!
今回ご紹介する「ジオラマ素材013 トンネル」は面倒な山部分の製作は一切必要ありません!
完成品ですからすぐに鉄道模型レイアウトに設置することができます。
もちろん山になる部分には塗装がされていますから設置するだけでリアルなトンネルの情景が完成します。
また、自作のトンネルですと、作成後は他の場所に移動させるのが難しい場合がありますが、こちらは他の場所に設置したいと思った時にもすぐに移動させることができます。

今回使用する商品

 

ジオラマ素材013 トンネル
ジオラマ素材013 トンネル

塗装済み完成品のトンネルです。
TOMIXのミニカーブや、スーパーミニカーブにも対応しています。
■メーカー:トミーテック
■品番:246954

ジオラマ トンネルを取り出す

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

「ジオラマ素材013 トンネル」にはトンネルパーツとトンネル名を示すシール、そしてパーツ同士を繋ぐためのシールが入っています。
トンネルの中央部分に設置する2つのパーツはレイアウトやジオラマのカーブ半径によって使い分けることにより、ほとんどのカーブ半径に対応できます。
TOMIXのミニカーブレールや、スーパーミニカーブレールにも対応しています。

トンネルの組立て

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

それではトンネルを組み立ててみましょう。
といっても、組立自体はとても簡単!トンネルの入り口部分にあたるパーツを山部分にカチッとはめ込むだけです。
出口部分も組立ができたらレール上に設置してみましょう。

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

レールの上にそのまま設置するだけでこのようにトンネル情景が出来上がります!
山部分は複数の色で塗り分けられ、コンクリート部分にはシャドウ塗装が入っていますので雰囲気抜群です。
さらにリアルな山を表現したいという方は緑の山部分に別売りのフォーリッジや樹木をボンドで設置してみるとよいでしょう。
自作トンネルと違い、山が最初からしっかりと作られていますから樹木の設置も容易です。

様々なレールレイアウトに対応

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

先にも述べましたようにこの「ジオラマ素材013 トンネル」はほとんどのレールレイアウトに対応できます。
トンネルパーツを全て使用した場合には基本的に60度のカーブに最適です。

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

中央部分のトンネルパーツを1個抜くことで30度のカーブに最適なトンネルを作成できます。

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

また、中央部分のパーツを2つとも抜けば直線レールに設置することもできます。

Nゲージ レイアウト ジオラマ トンネル

いかがでしょうか。大きさや情景が物足りない方にはこのトンネルにさらに紙粘土やプラスターで肉付けをし、フォーリッジなどを付けて独自のトンネルを作成することも可能です。
トンネルポータルを使用しての自作トンネルですと山部分は一から作成しなければなりませんし、慣れていない場合には作成した山の部分が崩落する危険性もあります。
この商品を使用すればトンネル内部の崩落は絶対にありませんので安心して自作のトンネルを作ることもできますよ。

 

今回使用した製品

 

ジオラマ素材013 トンネル
ジオラマ素材013 トンネル

塗装済み完成品のトンネルです。
TOMIXのミニカーブや、スーパーミニカーブにも対応しています。
■メーカー:トミーテック
■品番:246954
 

鉄道模型 特集・基礎知識