中古のNゲージ鉄道模型選びで注意したいこと | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > 中古のNゲージ鉄道模型選びで注意したいこと
 

中古のNゲージ鉄道模型選びで注意したいこと

2013年11月30日

中古車両セット

鉄道模型はその性質上、一度発売されたら再販が無い、再販予定が未定などの理由で、鉄道模型店ではほしいモデルが買えないといった例が多く、中古の商品を探す機会も多いと思います。
中古の商品を購入する際に気を付けたいのは、中古である以上、実物を手にした時に不具合などがあるという中古品のリスクを理解することです。

現在ではネット通販やネットオークションが広まり、インターネット上でしか手に入れられない製品もあったりします。
これらの多くには状態の評価がなされており、「新品同様」、「傷あり」などの表記や写真が添えられ、製品の状態がわかるようになっています。
しかし、ネットオークションなどは特に「実物は思っていたより傷みが激しかった」などのトラブルがありがちで、リスクが高いものです。

さらに、鉄道模型はその精密さから、ほんの些細な傷や汚れ、または走行性能の低下などが気になるものです。
なので自分の目で見て、触って、確かめて納得してから初めて購入に踏み切るに越したことはありません。

また、Nゲージ鉄道模型は模型として飾るだけではなく、走らせて楽しむことも大きな魅力です。
そのため、走行を楽しみたいユーザーにとっては外観同様に走行性能も重要になってきます。
この走行性能は、中古車両の場合は特に劣化として現れやすい部分でもあり、購入する際は注意が必要です。

中古

中古の商品は走行性能が落ちていないかは、実際に走らせないとわかりません。
そこで、中古品を扱う店舗の多くは購入前の製品で走行試験をしてくれるところが多いので、是非走行試験をお願いし実際に確かめるべきでしょう。
しかし、Nゲージ鉄道模型の走行性能は繊細で、メーカーによっても傾向があったり、新品製品でも個体差があり、動力車の耐久性も左右されます。

この走行性能を維持するには、ユーザーによるメンテナンスも大切で、初心者には少し難しく感じられるかもしれません。
そのため、初めて鉄道模型に手を出される場合は、少なくとも動力車は新品を買うべきだと思います。
やはり中古車両の動力は走行性能が低下し、トラブルのリスクも高くなります。
中古車両を買う際は、それを承知し、万が一すぐ壊れても後悔しないといった覚悟も必要でしょう。

 

鉄道模型 特集・基礎知識