GSIクレオス鉄道模型メーカーのご紹介 |鉄道模型 通販

セールEVENT
 

GSIクレオス鉄道模型メーカーのご紹介

2022年04月20日

GSIクレオス

東京に本社を置き幅広い事業を展開する株式会社GSIクレオスは、古くから培ってきた調達や加工の技術で人々の暮らしを支えています。

社名に馴染みのない方も多いかもしれませんが、気づかないところでGSIクレオスの製品を手に取っているような縁の下の力持ちのような存在なのです。

>>GSIクレオスの商品一覧はこちら

GSIクレオスが今日の事業の形になるまで

GSIクレオスの道のり

遡ること90年以上前、シルクの供給業者としての事業をスタートさせたのがGSIクレオスのはじまりです。

この時すでにシルク貿易に精通しており、アメリカでの人脈も持ち合わせていたこともあり、繊維事業を基盤として次々に新たなメーカーと契約を獲得していきました。

もともとは創業者の名前をとって「林大作商店」という社名で事業を展開していましたが、2000年代に入ってからは現在のGSIクレオスという社名に改称しています。

様々な言葉を組み合わせてこの先も夢を実現していくことを願ったこの社名の通り、GSIクレオスはこの後もナノテクノロジーなどの比較的新しい分野に参入したり、海外への事業展開に力を入れたりとグローバル化をどんどん推し進めていきました。

100周年を目前に迎えたGSIクレオスは、創業時から基盤としてきた繊維と工業製品を軸に変わっていく時代に合わせてビジネスの領域を広げていくことを目指しています。

GSIクレオスが手掛けてきた様々な事業

90年前に事業が始まった頃は、繊維が事業を支える要でしたが、そこから徐々に工業製品、ナノテクノロジーと分野を広げてきました。

GSIクレオスが取り扱う工業製品の中には、化学品や機材なども含まれており、プラモデルや模型を楽しむ人にとって欠かせない塗料や仕上げ材なども取り扱っています。

当初はシルクをはじめとした商材を調達、販売する商社として役割を担っていたGSIクレオスですが、今では自社で企画から生産、販売まで行う事業もありメーカーとしての機能も持ち合わせているのです。

時代に合わせて、事業に合わせて会社の在り方を変化させてきたGSIクレオスは、強みを掛け合わせることで様々な挑戦を可能にし、それが会社の成長や拡大に繋がってきたのです。

GSIクレオスが取り扱うホビー商材

GSIクレオスのホビー商材

模型やプラモデルというとキットなどの商品が注目されがちですが、存分に楽しむためには塗料や仕上げ材などの商品も重要なアイテムとなってきます。

そんな商品を自社ブランド製品として生産、販売をしているのがGSIクレオスなのです。

同社が取り扱っている模型用塗料は「MR. HOBBY」と呼ばれており、長年に渡ってトップシェアを誇っているのです。

ミスターホビーは模型関連商材を全面的に担うブランドであり、誰もが楽しく模型を楽しむ生活を送れるよう、身近なところから支えていけることを願って立ち上げられたものなのです。

模型用塗料の他には、エアブラシやコンプレッサーなどの塗装用ツールや海外から輸入しているプラモデルなども展開しています。

また、模型用商材以外にもハンドクラフトを楽しむ方々のためにクラフト素材や制作に必要なツールを提供してるブランドも持っています。

国内トップシェアを誇るメーカーなだけあり、種類も非常に豊富に取り揃えられています。

模型をはじめ作ることを楽しみたいユーザーは必ずチェックしておきたい会社の一つです。


>>GSIクレオスの商品一覧はこちら

 

鉄道模型 特集・基礎知識