西武鉄道(西武鉄道株式会社)について | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > 西武鉄道(西武鉄道株式会社)について
 

西武鉄道(西武鉄道株式会社)について

2014年7月16日

西武鉄道 鉄道模型

西武鉄道は東京都と埼玉県に路線を持つ大手私鉄会社です。
路線の長さでは大手私鉄の中でも第5位に位置し、関東内では第3位となっています。
特に新宿と池袋を中心として電車を運行されており、新宿を起点とした路線は新宿線、池袋を起点とした路線は池袋線として大きく分かれています。
西武鉄道は鉄道だけでなく、不動産業も営む大企業、西武グループの中核を担っており、プロ野球グループの埼玉西武ライオンズの親会社に当たります。

西武鉄道 鉄道模型

西武鉄道は企業の多角化に早い段階から力を入れており、これが功を成して現在では不動産事業において多くの利益をあげています。
不動産事業においてはかつて小田急電鉄と「箱根山戦争」と呼ばれた縄張り争いを行っていました。
現在では小田急電鉄との確執は無くなり、鉄道事業や観光地での連携、共同開発での商品研究などを行っています。
また、大手私鉄では近鉄百貨店や、名鉄百貨店のように、自社営業での百貨店を持つのが普通ですが、西武鉄道だけは大手私鉄の中にあって百貨店を有していません。
西武鉄道は現在池袋線と、新宿線で大別されていますが、元々は池袋を中心に路線を展開した武蔵野鉄道と新宿を中心に展開した旧西武鉄道という2つの会社が合併した後に誕生しました。
オリジナルキャラクターも生み出されており、電車内や駅内で多く見かけることができます。
当初は動物モチーフのキャラクターが多くを占めていましたが現在では中学生モチーフのキャラクターも登場しています。
その他にも人気アニメとのコラボレーションにも力を入れており、2009年5月には松本零士氏、練馬区、練馬区観光協会の協力により、3000系1編成が「銀河鉄道999デザイン電車」として運転されました。
2014年には社会現象ともなっている大人気コンテンツ、「妖怪ウォッチ」ともコラボし、スタンプラリーを実施。
駅のスタンプ設置場所に行列ができるなど人気を博しました。

西武鉄道 鉄道模型

西武鉄道で最も特徴のある車両といえば「スマイルトレイン」と呼ばれている西武30000系電車です。
「Smile Train 人にやさしく、みんなの笑顔をつくりだす車両」をコンセプトに、2005年から開発がスタートしました。
笑顔のように見える前面形状はたまごのようにやさしく、やわらかいふくらみを表現するためにデザインされ、この前面部のみアルミ合金の地肌色ではなく、白い塗装がされています。
それまでの西武の車両といえば車体色が黄色のものが多く、この30000系で採用されたブルーからグリーンへのグラデーションは西武鉄道の新たな試みであり、街と自然を繋ぐ電車として表現されています。
また、内装面では西武鉄道では初となる液晶テレビの導入やLED照明、ドーム型天井など、最先端の技術やデザインを取り入れています。
外装デザインに至っては女性の意見を取り入れることを実施しており、多くの女性社員が開発会議に参加しました。
こうしてスマイルトレインは優しい印象のデザインと充実した内装をもって2007年に落成し、現在も親しまれています。

 

鉄道模型 特集・基礎知識