レールと車輪の掃除について | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > レールと車輪の掃除について
 

レールと車輪の掃除について

2020年1月14日

レールと車輪の掃除について

当店へのお問い合わせのなかで多くいただいているのが、車両が動かないというお問い合わせです。
車両が動かない一番多い原因としては、レールが汚れている又は車輪にほこりや汚れがついており、 上手く電気が車両に伝わっていないというものです。
Nゲージはレールに電気を流し、車両の車輪から電気が伝わり動く仕組みです。
そのような仕組みのためレールと車輪の掃除は細目に行わないといけません。
今回はレールと車輪を掃除するのに便利な商品をご紹介します。

レールの掃除

レールと車輪の掃除について

レールをよく見てみると思ってる以上に汚れています。
汚れがついているということは電気が流れにくいということになります。
その結果車両へ電気が伝わりにくくなり上手く動かなくなりますのでレールは細目に掃除をしましょう。
レールを掃除するための商品は各メーカーから発売されています。
KATOから発売されている専用綿棒がセットになった線路クリーニングキット、
TOMIXからは専用の車両を走らせることで掃除するマルチレールクリーニングカーが発売されています。
その中でも今回ご紹介するのは、ポポンデッタより発売していますクイックレールクリーナーです。

レールと車輪の掃除について

今までにありそうでなかったペン型のクリーニング商品です。
ノズルから綿棒へ液を染み込ませてからレールを掃除していましたが、 この商品はペンを持つ感覚でレールをなぞっていくだけです。
ペンといっても幅は9mmもあり余裕がある大きさとなっています。

車輪の掃除

レールと車輪の掃除について

Nゲージはレールに流れる電気を車輪を通じてモーターへ動かします。
車両が動かなくなったというお問い合わせにはまず「車輪にほこり等ついていませんか?」とお尋ねしています。
車両本体を裏返し車輪をじっくり見ることなんてほとんどしませんよね。
長い間走行していると知らないうちに、車輪も汚れやほこりがついていきます。

TOMIXの車両をお持ちの方でしたら、車輪の清掃にお勧めなのがTOMIXから発売されているマルチ車輪クリーニングPCレールです。
この商品はお手持ちのTOMIXのレールに組み込むだけです。そのまま車両をいつものように走行させれば車輪が清掃されていきます。
レールの中央の部分にクリーニングヘッドがついており、ここを通過させるだけという簡単な商品です。
しかもただ付いているだけではなく内蔵モーターによって振動しより細かな汚れもとれます。
コネクターがついておりますが、レールへ繋げればレールから給電されますのでお好みに合わせてお選び下さい。

※使用上の注意
TOMIX製の車両専用です。一部の軽量車両、軽い台車には対応しておりません。
クリーニングカーには使用しないで下さい。
TOMIXのレールクリーナー以外は使用しないで下さい。

 

鉄道模型 特集・基礎知識