「ハウルの動く城」のハッター帽子店 | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > 「ハウルの動く城」のハッター帽子店
 

「ハウルの動く城」のハッター帽子店

2021年02月04日

「ハウルの動く城」のハッター帽子店

ハウルの動く城をご存じでしょうか??ジブリの9作品目になる作品です。

登場人物のハウルの声優さんには木村拓哉さんも起用されています。

今回お話するのはそんなハウルの動く城よりペーパークラフトの「ハッター帽子店」が登場です。

是非ご自宅でハウルの動く城の世界を作ってみてください。

ハウルの動く城とは??

ハウルの動く城

ハウルの動く城は2004年11月20日に公開されたスタジオジブリの作品です。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの小説「魔法使いハウルと火の悪魔」を元にして宮崎駿監督が作り上げました。

ちなみに興行収入は歴代5位の196億円です。

そしてこの作品の主人公が帽子屋で働いている女の子がソフィーとなります。

ここでお気づきになった人も多いと思いますが、この主人公の働いている女の子の帽子屋こそが、今回ご紹介する「ハッター帽子店」になります!!

ソフィーの働いている帽子屋さん

ソフィーの働いている帽子屋さん

今回ご紹介する「ハッター帽子店」はペーパークラフトで組み立てていきます。

組み立ても簡単で、塗装も必要ありません。

スタジオジブリが監修していて。どの角度からみても、映画の細かいところまで追及されたディテールは“みにちゅあーとならではの繊細さが満載です。

映画「ハウルの動く城」でソフィが働いている、カラフルでかわいい壁をもった下町の帽子屋さんとなります。

ちなみにネタバレ的な話をすることここで主人公のソフィーは荒野の魔女に呪いをかけられて90歳のおばあちゃんにされ………。。


こちらの商品の外観は以下のようになっています。

ハッター帽子店 正面

ハッター帽子店 後ろ

ハッター帽子店 横から①

ハッター帽子店 横から②

ハッター帽子店 上から

ハウルの動く城の世界を作りだそう

いかがだったでしょうか??

ハウルの動く城を見たことある人ならわかると思いますが、窓から魔女が覗いていたり、カカシのカブもいたりとハウルの動く城を細かく再現してくれているので作りごたえバッチリです。

セット内容

セット内容は以下の通りになります。

・レーザーシートA J(10枚)

・樹木(針金、スポンジ)

・屋根シート(1枚)

・プラ板(1枚)

・ベース(1枚)

・組み立て説明書

以上の6点がついています。

セット内容

購入前に準備するモノ

また組み立てた時の大きさが67×133mm 高さ85mmとなっています。

組み立ては簡単ですが以下の道具が必要になりますので購入を検討されている方は道具の準備をお願いします。

カッターナイフ

はさみ

接着剤(木工用ボンド・液状のり)

ピンセット

是非ご自宅でハウルの動く城の世界を作りだしてください。

もし買ってみたいけどどういうモノか知りたいなどあれは是非当店まで一度ご連絡ください



今回ご紹介の関連商品はこちらから



ハッター帽子店 (映画「ハウルの動く城」)
ハッター帽子店 (映画「ハウルの動く城」)

スタジオジブリシリーズから「ハウルの動く城」の『ハッター帽子店』が登場!
映画「ハウルの動く城」でソフィが働いている、カラフルでかわいい壁をもった下町の帽子屋さんです。

荒地の魔女の輿 (映画「ハウルの動く城」)
荒地の魔女の輿 (映画「ハウルの動く城」)

BOXのふたの上でミニチュアをつくろう!
完成するとスタジオジブリの世界がコマ送りのようにお楽しみいただけます。

ジブリシリーズ 猫の事務所 (1/150)
ジブリシリーズ 猫の事務所 (1/150)

スタジオジブリシリーズ 猫の事務所(猫の恩返し)です。
ジブリらしい内外装共とっても可愛らしい、ドールハウスのような事務所を再現しました。

ジブリシリーズ ネコバス (1/150)
ジブリシリーズ ネコバス (1/150)

ちょうど、手のひらにのる大きさです♪
ず~っと見てたくなる“ネコバス”です。

ジブリシリーズ キキとウルスラのアトリエ
ジブリシリーズ キキとウルスラのアトリエ

屋根フタをはずして橋上駅舎の階段をセットできます。
KATOユニトラック線路を基準して設計されています。

島式ホームエンド1
スタジオジブリmini お店番 (映画「魔女の宅急便」)

はじめてミニチュアづくりに挑戦される方にもお奨めのシリーズです♪
第二弾の5種類は・・・・『魔女の宅急便』から。

 

鉄道模型 特集・基礎知識