ファーストカーミュージアムについて | 鉄道模型 通販

ホーム > 鉄道模型の情報 > ファーストカーミュージアムについて
 

ファーストカーミュージアムについて

2019年11月5日

ファーストカーミュージアム

毎日鉄道模型に関するお問い合わせを数多くいただきます。 カプラーなどの細かなパーツの質問から、レールの配置の仕方など多数いただいているなかで、
以外にも「走らせないで飾って楽しみたい」というお問い合わせが多くあります。
今までは飾って楽しむ車両というと、鉄道コレクションがありましたが、
動力化しないで飾って楽しむだけという商品は出ていませんでした。
今回は先頭車両のみをディスプレイするというありそうでなかった商品、ファーストカーミュージアムを紹介致します。

ファーストカーミュージアム

ファーストカーミュージアムのシリーズには人気車両ばかりがラインナップされています。
今回はその中で、Nゲージの中でも人気の車両 E5系はやぶさを使い紹介します。
箱から出して見ますと、本当に先頭車両とその車両を載せるためのレールだけが入っています。
ディスプレイ用なので、何か組立てが必要と思われますが、
小さな取り付け部品などは無く、箱から出して車両をレールに乗れば完成です。
ヘッド・テールライトも光りますが別売りのパワーユニット、D.C.フィーダーを使うことで点灯します。

ファーストカーミュージアム

先頭車両のみを飾って楽しむシリーズですので増結車両が存在しません。
同じTOMIXの連結、走行が出来るE5系はやぶさと比べてみると、有るはずのカプラーが
ファーストカーミュージアムには付属していないことがわかります。
先頭車両のみのセットでので増結車両が存在しないシリーズですので、カプラーも必要ないです。
今まで車両を走行させて楽しんでいた方達には不思議な光景ですね。

ファーストカーミュージアム

ファーストカーミュージアムを裏返して見ますと、見慣れないパーツがついています。
通常の車両についている台車にはこのようなパーツはついていません。
これは転がり防止用の車輪止めのパーツとなっております。
通常の車両でしたらレールに乗せただけでは小さな振動でも車両が動いてしまいます。
ファーストカーミュージアムは鑑賞するだけの商品ですので走行する必要はありません。
このパーツによりレール上で動かなくなるため脱線等無く飾って楽しむことができます。

 

鉄道模型 特集・基礎知識