C62 常磐形 (ゆうづる牽引機) | KATO(カトー) Nゲージ

セールEVENT
  • 【2017-6】先頭部分の姿
  • 【2017-6】
  • 【2017-6】側面の姿
  • 【2017-6】斜め上からの姿
  • 【2017-6】正面の姿
  • 【2017-6】オプションパーツ
  • 【2017-6】後ろからの姿
  • 【2017-6】車輪部分
  • 2017-6
  • C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)

C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)

品番:2017-6 定価:¥14,300 税込価格:¥12,155 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 121pt
お問い合わせ
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

2017-6【2017-6】 C62 常磐形 (ゆうづる牽引機)
 ポイント還元:121Pt
¥12,15515%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考動力付き
昭和42年(1967)頃の平機関区所属の23号機(川崎車輛製)がプロトタイプ。
常磐形の特徴である副灯や、カバーなしの逆転機、テンダーの増炭板、側面ナンバープレート位置が高いキャブ、下部ステーありの煙室扉、ヘッドマークステー位置が低いシンダ受などを的確に再現。
23号機の特徴である短い煙突を再現。
交換用として、通常タイプの煙突が付属。
煙室扉上のハンドレールは銀色で再現。
商品説明寝台特急「ゆうづる」の牽引で有名なC62 常磐形を製品化いたします。
常磐線全線電化直前の昭和40年(1965)、上野と青森を結ぶ寝台特急「ゆうづる」が新設された際に、平(現:いわき)から仙台間の牽引を担ったのが平機関区所属のC62です。
東北・常磐方面の列車で活躍したC62は比較的原形を保ったままの姿でした。
常磐線の交流電化が進んだ昭和38年(1963)以降は、ヘッドライトが切れた際に交流架線下での電球交換は危険を伴うため、予備としてシールドビームの副灯が装備されました。

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています