Tel:0527441891
  1. 客車
  1. KATO(カトー)

14系500番台「SL冬の湿原号」 5両セット

  定価:¥22,000
税込価格:¥17,600
  割引:SALE20%OFF
  品番:10-1957
ポイント:176 ポイント獲得
発送時期:予約品11月発売予定 送料無料
☆お気に入り

14時までの在庫品のご注文は当日発送

送料・手数料について

×

送料

本州・四国・九州
700円
北海道
1000円
沖縄・離島
1800円

支払方法

クレジットカード
手数料 0円
代金引換
手数料 330円
銀行振込
振込手数料お客様負担
コンビニ決済
手数料 330円

商品代金 15,000円以上で送料、代引・コンビニ決済手数料が無料!!

(close)

ご予約商品の注意事項

商品説明

■メーカーKATO(カトー)
■スケールNゲージ
■別売りオプションパーツ【11-211】 LED室内灯クリア
■備考動力なし
リニューアル工事を受けた令和3年(2021)以降の形態を再現
オハ14の車内に設置されただるまストーブと屋根上の煙突を再現。だるまストーブから見える火をLED点灯で再現
スハシ44は令和4年(2022)に「カフェカー」に改装された現在の形態。室内の車販カウンターとだるまストーブ(点灯)を備えた内装を再現
スハフ14は展望スペースの大窓、車体側面のルーバー、屋根上の発電エンジン取り外し用の蓋、排気煙管と排気口を再現
スハフ14のテールライトは点灯式。テールマークは印刷で表現
各車とも中間連結部は密自連形ボディマウントカプラー装備。スハフ14の機関車連結側はボディマウントタイプのアーノルドカプラー装備。
交換用ナックルカプラー、ジャンパ栓付属
■商品説明「SL冬の湿原号」は根室本線の釧路-標茶(しべちゃ)間を結ぶ冬期限定の観光列車です。
現在北海道で運行されている唯一のSL列車で、釧路湿原の大自然を間近で感じられるよう座席が窓側に向かって配置された「たんちょうカー」や車内にだるまストーブが設置された「ストーブカー」などの客車を連ねて運行されています。
牽引機のC11 171はかつて標茶(しべちゃ)の公園で保存されていましたが平成10年(1998)に動態保存機として復活した機関車です。
北海道の様々なイベント列車の牽引を務め、現在は同列車専任の機関車として活躍しています。
復路ではバックで運転を行うのも特徴です。
電話で注文・問い合わせ052-744-0980
メールで商品の問い合わせ
LINEで商品の問い合わせ
LINEで送る X(twitter) facebook mail

この商品のレビュー

0件のレビュー
 総合評価:0

関連商品

在庫処分&特価商品
最近チェックした商品
Page TopPage Top