301系 グレー 青帯 冷改 基本&増結セット | マイクロエース Nゲージ

トワイライトエクスプレス しまかぜ
トワイライトエクスプレス しまかぜ
  1. ホーム
  2. 電車(近郊・通勤形)
  3. 301系 グレー 青帯 冷改 基本&増結セット
  1. ホーム
  2. マイクロエースMICROACE
  3. マイクロエース 電車(近郊・通勤形)
  4. 301系 グレー 青帯 冷改 基本&増結セット

301系 グレー 青帯 冷改 基本&増結セット

-------------

品番-----
定価-----
税込価格¥14,229~
ポイント-----pt
割引-----
在庫-----

商品を選択してからカートに入れてください。

送料無料

品番A0058
定価¥27,756
税込価格¥23,592
割引15%OFF
ポイント 235pt

品番A0059
定価¥16,740
税込価格¥14,229
割引15%OFF
ポイント 142pt

予約商品の注意事項

電話注文 FAX注文

商品概要

品番詳細税込価格カート
A0058【A0058】301系 グレー 青帯 冷改 基本6両セット ¥23,59215%OFF
A0059【A0059】301系 グレー 青帯 冷改 増結4両セット ¥14,22915%OFF

商品説明

メーカーマイクロエース
スケールNゲージ
備考基本セット:動力付き
増結セット:動力なし
電装解除のサハ301-101はパンタ台が残された姿を再現
サハ301-101の屋根、床下機器を新規作成
商品説明昭和41年、中央緩行線から営団地下鉄東西線への乗り入れに備えて、国鉄では初めてとなるオールアルミ製車両、301系通勤型電車が登場しました。
車体は103系を基本とした20m級両開き4扉を持ちつつ、アルミ製車体を採用した事で大幅な軽量化が行われました。
前面に非常扉が設けられヘッドライト・テールライトや前面表示器の配置が変化した事、客室扉の周囲に斜めの面取りがされていることなど、103系とは差異があります。
足回りは自然放熱式抵抗器やバーニア式制御器を採用した103系1000番台を基本としつつ、空気ばね台車DT34/TR204が採用されました。
製造当初はボディのアルミを生かし、その上にカナリアイエローの帯を巻いた姿でしたが、後にライトグレー塗装+カナリアイエロー帯へと変わり、最終的には帯色が水色へと変更されました。
301系は昭和44年までに7両編成8本が製造されましたが、1980年代前半の10両編成化に伴い、編成の組み換えや一部先頭車の中間封じ込め化、3両のモハ301/モハ300に対して電装解除が行われました。
永らく東西線直通運用で活躍しましたが、平成15年をもって全車引退となりました。
別売りオプションパーツ室内灯・幅広

関連商品

この商品のレビュー

 
投稿数:0
総合評価:
 
0
星5つ: 0
星4つ: 0
星3つ: 0
星2つ: 0
星1つ: 0