オリエント急行客車 プルマン4158 箱根ラリック美術館保存車 | KATO(カトー) Nゲージ

  • 先頭部分の姿
  • オリエント急行客車 プルマン4158 箱根ラリック美術館保存車
  • 側面の姿
  • 上からの姿
  • 正面の姿
  • オプションパーツ
  • 【5152-9】箱

オリエント急行客車 プルマン4158 箱根ラリック美術館保存車

品番:5152-9 定価:¥3,300 税込価格:¥2,805 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 28pt
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

5152-9【5152-9】 オリエント急行客車 プルマン4158 箱根ラリック美術館保存車
 ポイント還元:28Pt
¥2,80515%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考動力なし
人気の「オリエント急行」 神奈川県箱根町の「箱根ラリック美術館」に収蔵されるプルマンカー4158を製品化。
クリームと濃紺の塗色がシックな外観を醸し出す、プルマンカーと呼ばれる豪華サロン車両を再現。
テーブルランプは点灯式で、現在の電球色の雰囲気を表現。オプションで室内灯の取り付けも可能。
「オリエントエクスプレス 88」の日本国内運用時の姿と異なる、オリジナル台車、客扉下ステップを装備している形態。
車体表記も、展示車両に忠実に、幕板部の表記など国内運行時とは異なるヨーロッパ走行時の表記類を再現。
展示用に、ユニトラック線路直線S186 1本が付属。ちょっとしたインテリアとして飾っていただけるようにいたしました。
商品説明昭和63年(1988)に来日し、大きな話題となった「オリエントエクスプレス’88」。
豪華列車の代名詞に使われ、世界的に有名な「オリエント急行」が、ユーラシア大陸を横断し、ヨーロッパから極東の地日本までを走りぬいたビッグイベントでした。
運行終了後は来日した客車たちは、ヨーロッパの地へ返却されましたが、時を経て平成16年(2004)4月に、プルマンカー4158が再来日。
平成17年(2005年)3月に箱根に開設された「箱根ラリック美術館」に収蔵されました。
「箱根ラリック美術館」とは、フランス人のガラス工芸家ルネ・ラリック(1860 1945)の作品を収蔵展示する美術館で、平成17年(2005)に神奈川県箱根町に開設され、ラリックの作品約1

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています