101系鶴見線 3両セット | KATO(カトー) Nゲージ

101系鶴見線 3両セット

品番:10-1247 定価:¥10,890 税込価格:¥9,256 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 92pt
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

10-1247【10-1247】 101系鶴見線 3両セット
 ポイント還元:92Pt
¥9,25615%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考動力付き
鶴見線で活躍した101系、昭和55年(1980)頃の姿をプロトタイプに、都会のローカル線として隠れた人気の線区で活躍した車両の製品化。
クモハ101-モハ100-クハ100の3両で組成されたコンパクト編成。臨港地帯をトコトコ走る弁天橋電車区所属の非冷房時代を再現。
前照灯は2灯式シールドビームの仕様、テールライトは外ばめ式のライトケースで再現。ヘッド/テールライトは消灯スイッチ付。
行先表記は、クモハ101が「鶴見⇔扇町」。クハ100は「鶴見線」。運行番号は「07」を標準装備。
交換用行先表示(クモハ101用)として、「鶴見⇔海芝浦」「鶴見⇔武蔵白石」「鶴見⇔浜川崎」「弁天橋」の4種。運行番号「13B」「19」(各2)が付属。
両先頭部はダミーカプラー標準装備。先頭部ボディーマウント密連カプラーに交換することにより、2編成併結の南武線運用に見たてた再現が可能。
中間連結部は、ボディーマウント式KATO伸縮密連カプラーを標準装備。実感的な連結面間とスムーズな走行を実現。
定評あるフライホイール搭載動力ユニットを装備。スムーズな低速走行を実現。
商品説明都会のローカル線として隠れた人気をもつ鶴見線。
大正15年(1926)に鶴見臨海鉄道として開業し、京浜工業地帯の埋め立て地をゆく産業鉄道でした。
戦時中の昭和18年(1943)に国有化され、沿線に建ち並ぶ多くの工場への通勤輸送と共に、製品や原材料などの輸送にも活躍しました。
72系などの旧形国電が活躍していましたが、昭和55年(1980)にようやく新性能化され、101系に置き換えられました。
その101系も南武線等で活躍していた車両が、鶴見線を受け持つ弁天橋電車区に転属してきたものです。
朝夕の通勤輸送時を除けば、都会のローカル線とも称された日中ののんびりした運行形態が模型運転にも最適です。

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品