C57 4次形 | KATO(カトー) Nゲージ

H5北海道新幹線 上野東京ライン
H5北海道新幹線「はやぶさ」 上野東京ライン

C57 4次形

品番2023
定価¥14,040
税込価格¥11,934
割引15%OFF
ポイント 119pt
再販・予約開始したらメール

商品概要

品番詳細税込価格
2023【2023】 C57 4次形 ¥11,93415%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考「貴婦人」と称されたC57独特のプロポーションを、表現豊かに再現。急行旅客機の流麗さを再現。
C57では最後の製造となった4次形。先端上部を斜めにカットしたデフレクターや、密閉式運転台、船底形テンダーに
ベアリング軸受けのテンダー台車など、後のC61・C62に続く均整の取れた、3次形までとは一味違うスタイルを再現。
走りに定評のあるコアレスモーター搭載動力ユニット。もちろんフライホイール装着で、スムーズで安定した走行を実現。
前部ヘッドライトはもちろん点灯。テンダーのライトはダミー。
ナンバープレートは選択式。蒸機末期まで活躍した宮崎機関区所属車を中心に、192・195・196(※注)・199を選出。
テンダーにはアーノルドカプラー標準装備。KATOナックルカプラーが交換用に付属。
先頭部用に重連用カプラー、重連用ナックルカプラーが付属。重連運転やバック運転に対応。様々なシーンを再現。
※実車のC57 196は除煙板がいわゆる「門デフ」仕様に改造されていました。
商品説明国鉄のC57形蒸気機関車は、C55を元にボイラー性能などを高めて登場し、昭和12年(1937)から昭和22年(1947)にかけて201両が製造され、全国各地の幹線や、亜幹線で急行列車などを牽引して活躍しました。
その中でも、4次形の190 201号機の12両は昭和21年(1946)から22年にかけて製造されたC57最終のグループです。やや太くなったボイラーに、除煙板(デフレクター)前端上部が斜めに切り落とされ、運転室が密閉式に、炭水車(テンダー)が船底式になり、台車がコロ軸式となるなど、従来のC57から大きな外観の変化が見られました。
蒸気機関車末期には、宮崎機関区を中心に配置され、最後の蒸気機関車牽引急行となった「日南3号」を牽引するなど昭和49年(1974)まで活躍し、廃車となりました。
関連記事ターンテーブルを設置してみよう

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品のレビュー

 
投稿数:1
総合評価:
 
5.0
星5つ: 1
星4つ: 0
星3つ: 0
星2つ: 0
星1つ: 0

 
投稿者:投稿日: お勧め度:5
初めての蒸気機関車です細部まできれいにできています。走行させて、動輪の動きは感動ものです。
ブルートレインを牽引して運転しましたがぴったりしています。時代的に合っていないかもしれないが、良いものです。ヘッドライトも明るく、部屋を少し暗くして走らせると、また良いものです。