D51 標準形&一次形 | KATO(カトー) Nゲージ

電気機関車セール
電気機関車セール 電気機関車セール
  1. ホーム
  2. 蒸気機関車
  3. D51 標準形&一次形
  1. ホーム
  2. KATOカトー
  3. KATO 蒸気機関車
  4. D51 標準形&一次形

D51 標準形&一次形

【2016-5】先頭部分の姿

【2016-5】D51 標準形(東北仕様)

【2016-5】側面の姿

【2016-5】上からの姿

【2016-5】正面の姿

【2016-5】積載した石炭の姿

【2016-5】動輪の姿

【2016-5】オプションパーツ

【2018-1】先頭部分の姿

【2018-1】D51 1次形(東北仕様)

【2018-1】側面の姿

【2018-1】上からの姿

【2018-1】正面の姿

【2018-1】積載した石炭の姿

【2018-1】動輪の姿

【2018-1】オプションパーツ

-------------

品番-----
定価-----
税込価格¥11,475
ポイント-----pt
割引-----
在庫-----

商品を選択してからカートに入れてください。

品番2016-5
定価¥13,500
税込価格¥11,475
割引15%OFF
ポイント 114pt
再販・予約開始したらメール

品番2018-1
定価¥13,500
税込価格¥11,475
割引15%OFF
ポイント 114pt
再販・予約開始したらメール


商品概要

品番詳細税込価格カート
2016-5【2016-5】 D51 標準形(東北仕様) ¥11,47515%OFF
2018-1【2018-1】 D51 1次形(東北仕様)  ¥11,47515%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考写真:Railstation.net
KATOのベストセラー蒸気機関車D51、新たに1次形「なめくじ」と呼ばれるグループが、車体各所を新規金型で新登場。
1次形の特徴である、給水温め器、蒸気溜、砂箱が一体となった姿に、丸みのあるボイラー先端や、短い運転室を再現。
大幹線、東北本線での重量列車牽引に対応した重油併燃装置装備機で、テンダーに搭載した大形の重油タンクを再現。
東北仕様独特のちょっと高めのシールドビーム補助灯(副灯)を再現。随所に東北らしさが垣間見れる仕様で登場。
標準形は、給水温め器が煙突前に載ったお馴染みのスタイル。
1次形・標準形共に、前照灯点灯(消灯スイッチ無)。副灯、テンダーライト、テールライトは不点灯。
いずれもスノープロウ標準装備(取外し可)。運転台の防寒カーテンも別パーツで再現し、東北での活躍を再現。
先輪、従輪は抜けているスポーク車輪採用。アーノルドカプラー標準装備。交換用KATOナックルカプラーが付属。
前3両、前+後2両といった多彩な三重連が再現できるように、先頭部の交換用重連カプラー(アーノルド・ナックル)付属。
ナンバープレートは選択式。1次形は、17・40・57・76。標準形は、164・356・400・458を選出。
コアレスモーター搭載、定評あるフライホイール搭載動力ユニットで、安定した走行と力強い牽引力を発揮。
商品説明「デゴイチ」の愛称で親しまれた国鉄の蒸気機関車D51。
昭和10年(1935)に登場、日本最多数の1115両が製造された、日本を代表する蒸気機関車です。
日本の鉄路に適した蒸気機関車として、幹線から亜幹線まで、旅客列車、貨物列車を問わず大活躍しました。
長きに亘り生産されたために、1次形と標準形と呼ばれる2つのスタイルに大きく分けることが出来ます。
動力近代化で、各地の幹線で電化が進み蒸気機関車の活躍場所が狭められてきた昭和40年代。
姿を消しつつある蒸気機関車の勇姿を写真に収めんとするSLブームが巻き起こる直前、電化を目前に東北本線の最高地点十三本木峠では、1000tの重量貨物列車牽引のためD51三重連という力走が繰り広げられていました。
SLブーム最中の伯備線の三重連とは違い、北の大幹線での三重連でしたがまだ訪れる人もそう多くは無く、昭和43年(1968)10月の電化によるダイヤ改正で姿を消しました。
KATOは、D51のバリエーションとして「なめくじ」と称される1次形と、標準形の2種を東北本線奥中山越えと呼ばれた、十三本木峠(沼宮内-一戸間)での三重連の活躍を再現すべく「東北仕様」と呼ばれる姿で製品化いたします。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品のレビュー

 
投稿数:0
総合評価:
 
0
星5つ: 0
星4つ: 0
星3つ: 0
星2つ: 0
星1つ: 0