475系 北陸色 青帯 3両セット | KATO(カトー) Nゲージ

セールEVENT
  • 【10-1209】先頭部分の姿
  • 【10-1209】475系 北陸色 青帯
  • 【10-1209】上から見た姿
  • 【10-1209】連結部分
  • 【10-1209】カプラー標準装備
  • 【10-1209】3両セット
  • 【10-1209】オプションパーツ

475系 北陸色 青帯 3両セット

品番:10-1209 定価:¥8,580 税込価格:¥7,293 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 72pt
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

10-1209【10-1209】 475系 北陸色 青帯 3両セット
 ポイント還元:72Pt
¥7,29315%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考動力付き
先頭車にはヘッド/テールライト標準装備。
実感的な「大目玉」の愛称で呼ばれる前照灯を再現。
増結用に交換台車、11-036 DT32カプラー長(クモハ457用)を新規に発売。
列車無線アンテナ付属(ユーザー任意取付)
先頭部ダミーカプラー・中間部は台車マウント式KATOカプラー密連形ジャンパ栓付を標準装備。
商品説明475系は、国鉄の交直流形急行電車として活躍した車両です。
交流20000V60Hzの区間用に昭和40年(1965)から製造され、関西から北陸、そして九州へと活躍しました。
昭和50年代からは、幹線の優等列車の相次ぐ特急化や新幹線の開業などによって、急行形電車は地方のローカル列車へと運用が変わり、北陸本線でも快速列車や普通列車へと活躍の場を移しました。
昭和62年(1987年)のJR化後には従来の急行色と呼ばれるローズピンクの塗装から、白を基調にブルーのラインが入った新しい北陸地域塗装に塗り替えられて、地域輸送の主力として活躍を続けましたが、新しい521系などの登場で世代交代が始まっています。
別売りオプションパーツ【11-204】 新室内灯セット
【11-211】 LED室内灯クリア
【11-033】 TR69カプラー長(ビス止) 2個入
【11-036】 DT32カプラー長(ビス止) 2個入

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています