211系3000番台 長野色 3両セット | KATO(カトー) Nゲージ

セールEVENT
  • 先頭部分の姿
  • 211系3000番台 長野色
  • 上からの姿
  • 連結部分
  • 連結を離した姿
  • 3両セット

211系3000番台 長野色 3両セット

品番:10-1197 定価:¥10,780 税込価格:¥9,163 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 91pt
お問い合わせ
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

10-1197【10-1197】 211系3000番台 長野色 3両セット
 ポイント還元:91Pt
¥9,16315%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考動力付き
クモハ211-モハ210-クハ210の3両編成で活躍するコンパクトな編成。
PS33シングルアームパンタグラフを搭載した姿を再現。
動力は定評ある動力ユニット(フライホイール非搭載)を装備。
先頭車にはヘッド/テールライト標準装備。消灯SW付。
動力台車にはトラクションタイヤ非装備。
先頭部はKATOカプラー伸縮密連形、中間連結部にはジャンパ管付KATOカプラー密連形を標準装備。
前面種別表示は「普通」、側面行先表示は「長野」「松本」「信濃大町」「辰野」の4種が入った シールが付属。
商品説明国鉄末期の昭和60年(1985)に登場した211系は、国鉄の新系列近郊形電車として初めてのステンレスボディーで誕生しました。
中でも1000・3000番台は勾配・寒冷地線区向けの車両で、セミクロスシート仕様の1000番台と、ロングシート仕様の3000番台が、115系の後継車として活躍が始まりました。
ステンレス車体に湘南色の塗色をイメージした帯が貼られ、高崎線・東北本線などで活躍していましたがE231系の増備に伴い、短編成化されて房総地区に転出した後、さらに新しい働き場所として、平成25年(2013)3月から長野地区での活躍を始めました。
別売りオプションパーツ【11-204】 新室内灯セット
【11-211】 LED室内灯クリア
交換台車

商品レビュー

投稿数:2件

総合評価:5.0

☆☆☆☆☆

2016-01-19 投稿者:113系1000番台初期型 ☆☆☆☆☆

113系も最後の運用された房総地区。You-tubeでも度々見たけど♪湘南色と併結しての走行シーンとかは懐かしいけど、211系も上野口の編成が好きでした。
クモハ+モハ+サハ+サハ+クハの5両×2の基本編成の内、サハを2両と組み換えでサロ212、213を入れた編成。 これを自分の模型で再現してみました。 長野色は、115系を購入してますが、新たな仲間入りで211系0番台も取り入れようと購入する予定です。

2013-09-29 投稿者:JR東海211系0番台 ☆☆☆☆☆

この車両は新たに211系を増備するために買いました。長野色は昔からのお気に入りの色の一つです。
その色がまさか大好きな211系にも施されるとは思いませんでした。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています