阪急9000系 宝塚線ヘッドライト改造8両セット | マイクロエース Nゲージ

E235系 山手線 N700A新幹線
E235系 山手線 N700A新幹線
  1. ホーム
  2. マイクロエースMICROACE
  3. マイクロエース 電車(私鉄)
  4. 阪急9000系 宝塚線ヘッドライト改造8両セット
  1. ホーム
  2. 電車(私鉄・その他)
  3. 阪急9000系 宝塚線ヘッドライト改造8両セット

阪急9000系 宝塚線ヘッドライト改造8両セット

送料無料

品番A6175
定価¥38,390
税込価格¥32,631
割引15%OFF
ポイント 326pt
在庫メーカー取り寄せ


商品概要

品番詳細税込価格カート
A6175【A6175】阪急9000系 宝塚線ヘッドライト改造8両セット
メーカー取り寄せ
¥32,63115%OFF

商品説明

メーカーマイクロエース
スケールNゲージ
備考動力付き
ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯、LED使用
フライホイール付動力搭載
宝塚線用9003Fの2019年頃の姿
ヘッドライト部分が小径4灯化された透明部品を新規作成
ヘッドライト部分のLED発光色を白色化
パンタグラフの形状改良
携帯電話注意喚起ステッカーが撤去された姿
京都線用9300系とは異なる主制御器を専用部品で再現
座席部品の座面を緑色、床面をグレーに塗り分け
商品説明神戸線 宝塚線の旧型車の置換えを目的として、2006年7月に登場したのが阪急9000系です。
2003年の京都線用9300系を基本とし、神戸 宝塚線の車体限界に合わせて寸法が変更されたアルミ合金製の車体が採用され、室内は全席ロングシートとなっています。
主制御器に東芝製を採用、当初から行先表示器にフルカラーLEDが採用された事や、客室ドア上の室内表示器にLCDが採用されるなど、細部が9300系と異なっています。
2013年度までに8両編成11本が登場しており、神戸線用の車両と宝塚線用の車両で運用が区分されています。
2013年頃からヘッドライトがLED4灯のものに順次更新されており、外見上の変化が生じました。
別売りオプションパーツ室内灯・幅狭

関連商品

この商品のレビュー

 
投稿数:1
総合評価:
 
4.0
星5つ: 0
星4つ: 1
星3つ: 0
星2つ: 0
星1つ: 0

 
投稿者:投稿日: お勧め度:4
塗装の艶や内装の塗色は安定しており、転落防止幌も丁寧に再現されています。一方でパンタグラフに安定性がなく走行中に若干下がってしまう、優先座席や弱冷車のステッカーがなくアクセサリーポイントが欠けるせいで雰囲気にもう一つ違和感がでてしまいます。