713系900番代 九州色 2両セット | マイクロエース Nゲージ

713系900番代 九州色 2両セット

品番:A1275 定価:¥14,850 税込価格:¥12,622 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 126pt

予約商品の注意事項

お問い合わせ
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

A1275【A1275】713系900番代 九州色 2両セット
 ポイント還元:126Pt
¥12,62215%OFF

商品説明

メーカーマイクロエース
スケールNゲージ
備考※メーカーより正式な発売予定は発表されておりません。今後変更の可能性がございますことをご了承下さい。
動力つき
長崎本線のローカル運用で活躍した713系900番代の九州色時代を久々に生産
A1271(2005年9月出荷)を基に、動力ユニットのフライホイール化など各部をアップデート
座席部品はオリジナル色のモケットをイメージして茶色で成型
※部品共用のため、一部実車と異なる部分があります
商品説明713系は1983年に交流閑散線区用に登場した省エネ電車です。翌年の九州地区ローカル列車の電車化は寝台電車の近郊型化や急行型電車の転用などで必要車両を賄う計画でしたが、不足する8両分が次世代に繋がる新システム採用の交流ローカル型電車の試作モデルとして設計されたもので、サイリスタ位相制御と他励式電動機の採用で交流回生ブレーキが使用可能になったのが大きな特長です。基本的なシステムは783系特急型電車の設計時に活用されたほか、この時採用された電動機はのちに直流電車の205系や211系用として採用されるなど、1990年代の鉄道車両の礎となりました。713系の車体は417系などをベースとした普通鋼製2扉の近郊型で、2両編成4本が長崎本線で活躍しました。
登場当初はクリームに緑帯の装いでしたが、1986年頃から順次アイボリーに青帯の九州色に変更され、国鉄分割民営化後には腰部車体帯中央に赤いJRマークが入りアクセントになりました。
1996年3月には日豊本線に転用、同年7月の宮崎空港線開業に合わせて赤を基調とした「サンシャイン」と呼ばれる姿に一新、同時に内装も特急型電車の廃車発生品のリクライニングシートに交換されて活躍しました。2022年3月以降は2編成が運用を離脱し、今後の動向が注目されています。
別売りオプションパーツ室内灯(広幅)
【F0001】 マイクロカプラー 密連(黒)

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品