クモユニ81001 湘南色 大垣電車区 | マイクロエース Nゲージ

  • 商品画像 1

クモユニ81001 湘南色 大垣電車区

品番:A1174 定価:¥9,350 税込価格:¥7,947 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 79pt

予約商品の注意事項

お問い合わせ
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

A1174【A1174】クモユニ81001 湘南色 大垣電車区
 ポイント還元:79Pt
¥7,94715%OFF

商品説明

メーカーマイクロエース
スケールNゲージ
備考※メーカーより正式な発売月は発表されておりません。今後変更の可能性がございますことをご了承下さい。
動力付き
車両更新工事施工後の1961年より後の姿
1962年頃からの大垣電車区配置時代、前位よりの避雷器が撤去された姿
検査標記は「38-3 浜松工」を印刷
保安装置(ATS)装備前、車体標記が入れられていない姿
他車種との連結を考慮し、両エンドともアーノルトカプラー装備、ゴムタイヤの取付を省略
ヘッドライト、前面列車番号表示は電球色で、テールライトは赤色で点灯
商品説明戦後の運輸省鉄道総局では東海道線客車列車のラッシュ対策として高効率化を図り、世界でも前例の無い長距離列車の電車化に着手しました。
従来は都市内や近郊輸送の手段であった電車に客車列車の車体と接客設備、新式のブレーキ装置などを組合せ、車体塗装は警戒色としてオレンジと緑色をまとい、1949年に「湘南電車」として登場したのが80系です。
クモユニ81は1950年に6両が製造された80系用の郵便 荷物電車です。
当時の郵便 荷物電車が老朽化した旅客電車の改造によって賄われていた中では異例の新造車で、前面形状や塗装を含む外観デザインは80系電車(2次型)と揃えられました。
1955年頃の東海道線東京口では80系電車が10両編成を基本に、付属5両編成とクモユニ81を連結した最大16両編成で活躍、当時の電車列車としては世界最長を誇りました。
クモユニ81は1961年から更新工事を受け、前面窓がHゴム支持になるなどの外観上の変化が生じました。
1962年頃からは大垣電車区に配置されて東海道本線で活躍が見られました。
別売りオプションパーツ室内灯(広幅)

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品