国鉄 キ620 ロータリー式除雪車(キ621 ボディ/テンダー黄帯) | マイクロエース Nゲージ

国鉄 キ620 ロータリー式除雪車(キ621 ボディ/テンダー黄帯)

品番:A0323 定価:¥12,430 税込価格:¥10,565 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 105pt 在庫:メーカー取り寄せ
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

A0323【A0323】国鉄 キ620 ロータリー式除雪車(キ621 ボディ/テンダー黄帯)
メーカー取り寄せ ポイント還元:105Pt
¥10,56515%OFF

商品説明

メーカーマイクロエース
スケールNゲージ
備考動力無し
ヘッドライトは点灯しません
マイクロエース貨車シリーズ及び除雪車シリーズの更なる充実。
西会津町に保存されているキ621を、黄帯が巻かれた1968年以降の姿で製品化。
検査表記や車体ナンバーなど車体の各種表記は1970年代の現役時代の仕様で再現。
前面のロータリーは実感的な速度で回転。
商品説明1923年にアメリカより2両輸入された蒸気式ロータリー除雪車を元に国内で量産した車両がキ300型(のちにキ600型に改番)です。
車内に蒸気機関車に類似したボイラーを持ち、これにより頭部のロータリーを回転させ線路上の雪を跳ね飛ばします。
外観は蒸気機関車に似ており、ボイラー部を箱型ボディに置き換えたような形状ですが自走は出来ず、後ろから別の機関車で推進される事により走行しました。
1948年から1949年に増備された車両はボイラーの変更により排雪能力向上、車体組み立ての一部溶接化などの改良が行われた事でキ620型に形式が変更されました。
 キ600型とキ620型は日本各地の豪雪地帯で活躍しましたが、後にDD14型ロータリー式ディーゼル機関車が開発されると徐々に置き換えが進み、1975年に形式消滅しました。
キ621はキ620型の2号機として1948年に製造、長岡第一機関区に配置され、新潟地区で活躍しました。
1968年以降は制限最高速度65km/hを示す黄帯がボイラー部だけでなくテンダーにまで巻かれた特徴的な姿となりました。
廃車された後は磐越西線野沢駅最寄りの福島県耶麻郡西会津町の如法寺にキ100型と共に保存され、現在もその雄姿を見ることが出来ます。

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています