ED19 | KATO(カトー) Nゲージ

  • 先頭部分の姿
  • ED19
  • 側面の姿
  • 斜め上からの姿
  • 正面の姿
  • オプションパーツ

ED19

品番:3078K 定価:¥8,250 税込価格:¥7,012 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 70pt
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

3078K【3078K】 ED19
 ポイント還元:70Pt
¥7,01215%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考D形ながら先輪とデッキを装備。コンパクトで格調あふれるアメリカンスタイルの輸入電機を再現。
単品のED19は、6号機をプロトタイプに、前面窓改装形(小窓:角丸)で、車体側面吸気口は原形。
テールライトも2号機のガイコツ形と6号機のカンテラ形を作り分け。パンタグラフは2号機がPS14、6号機がPS15。
交換用ナンバープレートは、1、2、4、6号機の4種。 ※2号機、6号機とも特定機を模型化するものではありません。
動力は近年の旧形電機に準じた新規開発。小形電機ながら軽快な走りを実現。スポークの抜けた先輪採用。
商品説明昭和30年代から50年代の飯田線は、天竜川に沿った伊那谷を走る北部(飯田-辰野)の区間に、大形の電気機関車が入線できないため、大正時代に欧米から輸入され、幹線電化の黎明期に活躍したED18・ED19といった小形の電気機関車が貨物列車牽引で活躍する古豪の里でした。
このたび製品化のED19は、大正15年(1926)にアメリカから輸入され、東海道本線の電化初期に活躍した6010形が、ED53と形式改称、さらに貨物用となって誕生した機関車です。
1軸先輪にデッキを備え、短いながらも端正なスタイルで、昭和30年代前半には6両全機が飯田線に集結し、旧形国電と並んで活躍、昭和51年(1976)までに全機廃車となりました。

この商品に寄せられたご質問と回答

  • カプラー(連結部分)の自動解放は可能ですか?
    TOMIX、KATOどちらでもオプションパーツを使うことで可能です。
    詳しくはこちら

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています