EF30 | KATO(カトー) Nゲージ

セールEVENT
  • EF30
  • EF30
  • 側面の姿
  • 斜め上からの姿
  • 正面の姿
  • 付属品
  • 【3073k】箱

EF30

品番:3073 定価:¥7,920 税込価格:¥6,732 割引アイコン割引 15%OFF ポイントアイコンポイント還元 67pt 在庫:メーカー取り寄せ
twitterfacebook

商品概要

品番詳細税込価格カート

ご注文の商品を選択してください

3073【3073】 EF30
メーカー取り寄せ ポイント還元:67Pt
¥6,73215%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考関門海峡トンネルで活躍した、交直流形電気機関車EF30、本州と九州をつなぐ“海の下の力持ち
特殊な用途ゆえの独特のスタイル、銀に輝くステンレス製コルゲート板に覆われた車体
交直流電気機関車の見せ所、屋根上の配線は金属線で、碍子は塩害対策でグリスを塗布した緑色
昭和36年x製造のグループをプロトタイプに、1灯ヘッドライトと後部標識板の無い小判形テールライ
定評あるフライホイール付動力ユニットで、ブルートレイン15両フル編成を牽引可能
ナンバープレートは、門司機関区所属の9、11、14、17号機を選択
メーカーズプレートは2種(日立・東芝)が付属
国鉄末期に掲出されたヘッドマークがクイック式で付属
「さくら」「はやぶさ」「富士(山形)」「みずほ」の4愛称
アーノルドカプラー標準装備。交換用にKATOナックルカプラー付属
商品説明昭和35年に九州地区が交流電化され、山陽本線の直流区間との接続駅が門司駅となり、関門海峡トンネルで活躍したのが交直流電気機関車のEF30です。
海底トンネルという特殊な環境下で使用されるため、防錆のためのオールステンレスの車体を持つのが特徴で、本州と九州を結ぶ旅客列車・貨物列車のほとんどを牽引して活躍しました。
交流区間の走行は門司駅構内の運転に限られるために、交流区間での出力が低く抑えられているほか、1台車2軸の動輪を1モーターで駆動するなど個性的な機関車の特徴が随所にみられます。
旅客列車(ブルートレインや荷物列車など)の場合は単機で、貨物列車の場合は重連で使用され活躍しましたが、昭和62年のJR化までに、そのほとんどがEF81に役目を譲り姿を消しました。

この商品に寄せられたご質問と回答

  • カプラー(連結部分)の自動解放は可能ですか?
    TOMIX、KATOどちらでもオプションパーツを使うことで可能です。
    詳しくはこちら

商品レビュー

投稿数:0

総合評価:

☆☆☆☆☆

この商品のレビュー投稿はありません。

レビューは受け取った商品に感じた感想、ご意見を伝えることが出来るコーナーです。
投稿していただいたレビューには、ポイントをプレゼント致します。(ポイント会員登録が必要です)
レビューの投稿をお待ちしています。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています