EF13 | KATO(カトー) Nゲージ

トワイライトエクスプレス  しまかぜ
トワイライトエクスプレス しまかぜ

EF13

品番3072K
定価¥8,250
税込価格¥7,012
割引15%OFF
ポイント 70pt
再販・予約開始したらメール

商品概要

品番詳細税込価格カート
3072K【3072K】 EF13 ¥7,01215%OFF

商品説明

メーカーKATO(カトー)
スケールNゲージ
備考動力付き
KATOの旧形貨物用電気機関車シリーズ。乗務員の安全確保、狭い機械室の整備向上のために旧EF58の車体を乗せ換えたEF13を忠実に再現。
ぶどう色2号の国鉄旧形電気機関車標準色でバラエテイ豊かな様々な貨車や中央本線での普通列車牽引にも活躍。
EF13の主台枠形状やプレート先輪、ナンバープレート表記など特有のディテールを再現。
昭和40年代半ば以降の、前面窓Hゴム化、前照灯LP403の姿を製品化。
無数のバリエーションの中から、車高が低くヨロイ戸が小形の形態をプロトタイプに選定。
実車同様に6軸駆動のパワフルな牽引力を発揮。フライホイール搭載動力ユニットで安定走行を実現。
車体番号は選択式ナンバープレート、車番は4・12・13・28。.ヘッドライト標準装備。電球色LED採用。
アーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。
商品説明EF13は、第二次大戦の戦時下で、開発された貨物用電気機関車です。戦時中のため使用鋼材を極力省略し、車体前後にボンネット状の機器室、車体中央に短い車体と「凸型」でのスタイリングとなりました。
その後昭和28年(1953)〜32年(1957)にかけて、EF58形が流線型への車体変更で余剰となった旧EF58の車体を譲り受け、国鉄標準形に生まれ変わり、昭和54年(1979)まで首都圏近辺の山手貨物や中央線、武蔵野線、南武線、品鶴線等の貨物輸送の主役として活躍しました。
貨物専用機として、貨物輸送の牽引はもちろん、中央本線では、勾配線運用であることから、旅客列車への牽引でも活躍し、SG(蒸気発生装置)がついていないために冬季には暖房車を機関車次位に連結し、運用されていました。

関連商品

この商品のレビュー

 
投稿数:1
総合評価:
 
5.0
星5つ: 1
星4つ: 0
星3つ: 0
星2つ: 0
星1つ: 0

 
投稿者:投稿日: お勧め度:5
今から60年近く前に住んでいた大田区久が原。家の近くの品鶴線(現在は横須賀線が走っている)を毎日のようにたくさんの貨車を引いて走っていた「EF13」。この懐かしい電気機関車を前々から手に入れたいと思ってはいたものの、ちょっと二の足を踏んでいましたが、今回、当時中央本線で客車も引いていたことがわかり、手に入れることを決断しました。さすがkato、走行はスムーズでいいと思います。