京浜急行(旧)600形 4両編成セット (未塗装組立) | グリーンマックス Nゲージ

H5北海道新幹線 上野東京ライン
H5北海道新幹線「はやぶさ」 上野東京ライン
  1. ホーム
  2. 電車(私鉄・その他)
  3. 京浜急行(旧)600形 4両編成セット (未塗装組立)
  1. ホーム
  2. グリーンマックスGREENMAX
  3. エコノミーキットシリーズ (未塗装組立シリーズ)
  4. 京浜急行(旧)600形 4両編成セット (未塗装組立)

京浜急行(旧)600形 4両編成セット (未塗装組立)

※上の画像は完成見本です※

上からデハ600(奇)、デハ600(偶)

上からデハ600(奇)、デハ600(偶)

品番408
定価¥2,592
税込価格¥2,203
割引15%OFF
ポイント 22pt
在庫メーカー取り寄せ

電話注文 FAX注文

商品概要

品番詳細税込価格
408【408】 京浜急行(旧)600形4両編成セット ¥2,20315%OFF

商品説明

メーカーグリーンマックス
スケールNゲージ
カラーガイドボディ 品番:29(京急パーミリオン)、37(白3号)
屋根 品番:9(ねずみ色1号)、または35(ダークグレー)
屋上機器 品番:14(灰色9号)
床下機器 品番:9(ねずみ色1号)
表面保護 品番:40(クリアーコート光沢)か、44(クリアーコート半光沢)
備考動力なし
冷房装備を屋根上に設置した4輌固定編成をプロトタイプとしています
専用ステッカーの他に、400、500形更新改造前の前面が含まれます
台車・パンタグラフ・動力ユニット別売
エコノミーキットシリーズ (未塗装組立キット)
商品説明1957(昭和32)年、京浜急行初の高性能車輌として登場した2扉セミクロスシート車です。
登場時は2輌編成固定編成で名称も700形でしたが1966(昭和41)年に600系への改番に合わせて、4輌編成化されました。このため、中間に位置する先頭車は運転台を撤去するなどの改造が施されました。
1971(昭和46)年から全車冷房化、パンタグラフの後部移設、列車種別表示器の車体側面設置など、様々な改良がされてきました。
1981(昭和56)年からは朝の通勤快特にも使用され、民鉄最長の12輌編成で運転されていました。
データイムは品川 久里浜間を49分で結ぶ快足特急として活躍していましたが、1986(昭和61)年、後継の2000形にその道を譲り、全車引退しました。
別売りオプションパーツ【5014】 台車 OKタイプ
【5039】 台車 TS310
【5805】 パンタグラフ PT43N
【5604】 動力ユニット OKタイプ
【64-4】 車輌マーク

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品のレビュー

 
投稿数:0
総合評価:
 
0
星5つ: 0
星4つ: 0
星3つ: 0
星2つ: 0
星1つ: 0