ホーム > 蒸気機関車 > C56 小海線
ホーム > KATO > 蒸気機関車 > C56 小海線

C56 小海線

C56 小海線

先頭部分の姿

C56 小海線

上からの姿

積載した石炭の姿

先頭部分の姿

オプションパーツ

品番 2020-1
定価 ¥10,800
税込価格 ¥9,180
ポイント 91pt

商品欠品中の場合

電話注文 FAX注文

商品概要

品番 詳細 税込価格
2020-1 【2020-1】 C56 小海線 ¥9,180

商品説明

メーカー KATO(カトー)
スケール Nゲージ
備考
  • 単品車両
  • 国鉄のテンダー式蒸気機関車では最小のC56。その軽快なスタイル
  • 昭和40年代、中込機関区所属車をプロトタイプ
  • 小形レイアウトでの走行に最適。ユニトラックコンパクトR183対応
  • 走りに定評のあるコアレスモーター搭載動力ユニットを小形蒸機用に新規開発
  • C56お得意のバック運転に対応し、重連カプラーが装着可能
  • ヘッドライト点灯。中込機関区所属車の特徴であるシールドビームタイプのLP405を装着
  • バック運転用にテンダー側ヘッドライトも点灯。どちらも進行側が点灯します
  • ナンバープレート選択式。中込機関区所属車から、144・149・150・159号機を選出
  • アーノルドカプラー標準装備、KATOナックルカプラーが交換用に付属
商品説明 国鉄のテンダー式蒸気機関車では最小のC56は、昭和10年から昭和14年にかけて、客貨両用機として160両が製造され、全国各地の比較的距離の長いローカル路線で活躍しました。
信州の小淵沢-小諸間を結ぶ小海線のC56は、鉄道の日本最高所を抜けて八ヶ岳山麓の高原地帯を走り、「高原のポニー」の愛称で親しまれました。
現在も最終番号機の160号が、JR西日本に所属し臨時列車などで活躍する姿が見られます。

関連商品

在庫処分&特価商品

この商品のレビュー

 
投稿数:0
総合評価:
 
0
星5つ: ■ 0
星4つ: ■ 0
星3つ: ■ 0
星2つ: ■ 0
星1つ: ■ 0